コンテンツ文化史講義メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

1950:戦後~1950年代のコンテンツ

[]映画

太陽の季節」を皮切りにいわゆる「太陽族映画」が作られ、青少年有害であるとして問題になり、映画業界以外の第三者を加えた現在映倫管理委員会(映倫)が作られるきっかけとなった。

作品
~1949晩春小津安二郎松竹
1950羅生門黒澤明東宝
1951カルメン故郷に帰る(木下恵介松竹
麦秋小津安二郎松竹
1952生きる(黒澤明東宝
1953東京物語(小津安二郎松竹
1954七人の侍黒澤明東宝
 ゴジラ本多猪四郎東宝
1955 
1956ビルマの竪琴市川崑日活
太陽の季節古川卓巳、日活
狂った果実(中平康日活石原裕次郎主演)
1957蜘蛛巣城黒澤明東宝
 喜びも悲しみも幾歳月(木下恵介松竹
1958隠し砦の三悪人黒澤明東宝
彼岸花(小津安二郎松竹
1959南国土佐を後にして(斎藤武市、日活小林旭(第三期日活ニューフェイス)主演 
 清水の暴れん坊(松尾昭典、日活石原裕次郎主演、赤木圭一郎(第四期日活ニューフェイス)