コンテンツ文化史講義メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

1950:戦後~1950年代のコンテンツ

[]マンガ

手塚治虫を筆頭に、トキワ荘作家たちが活躍した。

また、『なかよし』『りぼん』を含む少女向けマンガ雑誌が多数創刊されたのを機に、女性マンガ家たちによる作品が続々と登場する。また、この時期は手塚治虫の『リボンの騎士』をはじめ、ちばてつや『オデット城の虹』、赤塚不二夫『荒野に夕日が沈むとき』など、男性作家による少女向け作品が、女性作家の作品と併存していた。だが、男性作家少年向け作品を、女性作家は少女向け作品をメインとする棲み分けが徐々に進み、後に独自の文法を有する一大ジャンルとして成長していく少女マンガの基礎を作り上げていった。

作品
1950ジャングル大帝手塚治虫
1951アトム大使(1952より鉄腕アトム)(手塚治虫
1952赤胴鈴之助(武内つなよし)
1953リボンの騎士手塚治虫、少女クラブ
1954火の鳥手塚治虫漫画少年
1957火の鳥風太郎(石ノ森正太郎)
19590マン(手塚治虫
 スポーツマン金太郎(寺田ヒロオ、週間少年マガジン
 海の王子藤子不二雄、週間少年サンデー
 忍者武芸帳(白土三平
山川惣治

少年王者 少年ケニヤ

秋好聲

先生

清水崑

かっぱ天国

雑誌

参考リンク戦後少年読物雑誌

冒険活劇文庫
冒険王

作・梶原一騎 絵・吉田竜夫『鉄腕力也

福井英一『イガグリくん』

おもしろブック
「少年」

横山光輝鉄人28号

堀江卓『矢車剣之助』

少女
ぼくら

一峰大二七色仮面

りぼん
なかよし
週刊少年サンデー
週刊少年マガジン
週刊平凡
少年画報

永松健夫『黄金バット

桑田次郎まぼろし探偵

少年クラブ

前谷惟光ロボット三等兵』

山根赤鬼『よたろうくん』

(前半)桑田次郎(後半)楠高治『月光仮面